FC2ブログ

君に読む物語

ネットに広がる伝説の萌える体験談、エロ体験談、猥談、エロ話をまとめるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テスト勉強中に

やっと大学のテストが終わったんです。疲れました。
でもおととい、とてもオイシイ思いをしました。

同じ科目を選択している女友達(ひとみ)から電話があって、
「全然わかんないよー。一緒に勉強しよ?」とのこと。
1時間後の7時頃、家にひとみが来ました。

それからこたつに座って、真面目に勉強してたんですが、
11時頃、隣から「あんっあんっっ」と、
女性のあえぎ声が聞こえてきました。

うちの家は壁が薄いのか隣の声が筒抜けなのです。

「隣はお盛んだねー。こっちは必死こいて勉強してるってのにさ。」
とか言って、なんとか勉強に集中しようとしてたんだけど、
やっぱり駄目。気になっちゃう。

左に座ってるひとみをちらっと見ると、むこうもこっちを見てた。
あわてて教科書に目をやるひとみ。顔が真っ赤っか。
隣から「そんなとこ触っちゃダメ−」と聞こえる。

俺は我慢できなくなって、
「そんなとこってここらへんかなぁ」とひとみの太ももに触れてみる。

すごいすべすべしてて柔らかい。顔を見ながら、生足を指先でなぞる。
「ちょ、ちょっと、やめてよ−。」とひとみは明らかに動揺してる。

そんな時、ひとみの携帯がなった。
北海道に住んでる遠距離中の彼氏らしい。

そこで俺は調子にのっちゃって、手をスカートの奥に。
パンティーの上からクリを探して指で筋をなぞると、
ひとみは声を出さないように、唇を噛み締めてこらえてる。

彼氏にばれないように必死になってる。

それをいいことに俺は、パンティーを脱がした。
ごくふつうの、可愛い白いパンティー。

さすがにそれにはびっくりしたようで、
「今日は眠いから、また明日ね。おやすみ。」
とひとみは急いで電話を切った。

俺はこたつから出て部屋を逃げ回る。
ひとみも「返してよ−」と追いかけてくる。

あの白いミニスカートの下には何もはいてないんだなあと想像すると、
興奮してくる。スカートをめくろうと今度はこっちが追いかける。

すぐに捕まえて、指を中に入れてクチュクチュ動かすと、
「あっ、あっ、だめ。やめてよ。あんっ。」と可愛い声を出す。

服を着たまま、スカートの中の刺激だけで感じてるるひとみ。
クリを探し当てて、中指で刺激してやると、
「ああっっ、そこ、そこはだめー。いや、いや、やめてー。」
と感じまくり。

1分足らずで
「あああっ、イク、イっちゃうよ−ー。あん、あん、あーー。」
とイッテしまった。

そしてそのままやりまくり。
上に着ている白いセーターは脱がさずに、ひたすら下半身攻撃。

ひとみにこたつに手を付かせて、立ちバックで突いたり、
ベットに座って座位で挿入したり。ひとみはぎゅっと俺に抱きついて
「ああっ、んっ、んっ、やっ、だめっ。イッちゃうう。」とイキまくった。

ぎゅっと抱きしめられるから、胸に顔がうまっちゃう。
遠距離恋愛も、もう1年ぐらい経つのだろう。
さすがにたまっているのか、自分から腰を振ったりしていた。

最後はベッドの上で、正常位でガンガンに突きまくった。
俺はけっこうもつ方だから30分ぐらいガンガンに。
「やっ、んんっ、んんっ、こんなの始めて−。」
「奥に当たるのーーー。気持ちいいのーーー。あああああっっっ。」
と何度もイカせた。

キスをしながら、いきそうになったので
抜いたち○こをクリにこすり付けて発射。
ち○こがぴくっ、ぴくっと動くのにあわせて、ひとみもぴくぴくしてる。

終わったあとは、お互いぐったり。
テストのストレスをお互いにぶつけあったって感じだった。
おかげで次の日のテストは散々だった。

でも、これからまた、ひとみとやりまくっちゃおっと。



関連記事
[ 2016/01/31 14:58 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)
FC2ブログランキング
ランキング
アクセスランキング

http://storynovels.blog.fc2.com/
にリンクするだけで
このランキングに参加できます
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
21617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
521位
アクセスランキングを見る>>
おススメ動画
スマフォ用QR
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。